松本零士関連企画・キャラクターグッズ販売でおなじみのZERO Goods universeがお送りする新商品情報&日常のドタバタ日記

ZERO Goods universe

【零士Future2007】ゼログッズ限定商品発表!! | main | 零士Future2007_東京
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
【零士Future2007】開催日程発表!
zerogoodsプレゼンツ【零士Future2007】開催日程が決まりました!

開催日 【12月15日:土曜】
開催場所【東京千代田区:JR秋葉原駅電気街出口前:秋葉原ラジオ会舘】

主催:(株)ジェネシスカンパニー(宇宙船)
*トークショウ、サイン会チケットが貰えるキャンペーンは【11月23:金曜(祝)】よりスタート

尚、更に詳しい開催概要、限定グッズ販売等の詳細につきましては、後日発表されますので乞うご期待!



祝放映30周年記念!!
《SF西遊記スタージンガー》放映30周年記念DVDBOX発売
【コンプリートDVD-BOX-1(6枚組):東宝 TDV-18090D 936分】2008年1月25日リリース
いよいよ満を持して、東宝より《TVシリーズ国内初の映像ソフト化》と相成りました。

そこで・・・
この作品関連の《プチ特集》です。

orora1.jpg
(C)松本零士・東映アニメーション イラスト:増永計介

弊社開発商品《オーロラ姫》ドールの解説書用、カラーイラスト決定稿です。

sf3.jpg

78年、CXフジテレビによる【作品企画書】
作画監督の須田さんは、近年《大ヤマト》の作画監督もされていた、一連の松本アニメ作品の中において、松本先生とは戦友的、気心の知れた数少ない制作スタッフのお一人で、東映アニメの重鎮です。

sf2.jpg

作品企画段階の手書き印刷のシナリオ準備初稿で、とても希少な現存資料です。

sf.jpg

TV放送ではパート2に移行していても、台本上ではタイトル変更はなされていませんでした。
これは、このフジテレビ日曜夜7時アニメ放送枠での、次回後番組であった《円卓の騎士物語 燃えろアーサー》の制作が、制作側の諸々の諸事情により遅れた為、その物理的暫定処置として、スタージンガーの放送延長が決まったという特殊な事情背景があったからです。
《SF西遊記スタージンガー II》は、後付けで偶然に生まれた副産物だったのです。
ちなみにアメリカで80年に放送されていた《フォースファイブ》という東映動画製ジャパニメーションのパッケージ企画(ダンガード、スタージンガー、ガイキング、ゲッターロボG、グレンダイザー)の、各作品全26話の傑作選による日替わり週5日、2クールのプログラム)がありましたが《SF西遊記スタージンガー(米題:スペースケッティアーズ)》のオープニングは、何故かカラオケ仕様の《SF西遊記スタージンガー II》であったりします。

sf4.jpg

松本関連の劇場アニメ作品第1号は、77《宇宙戦艦ヤマト》ではなく、77《東映まんがまつり》夏の《惑星ロボダンガードAvs昆虫ロボット軍団》だと云う事は、ファンの間でもあまり良く知られていない事実です。
そしてこの作品が、当時の東映動画(現、アニメーション)の十八番であった《73マジンガーZvsデビルマン》より綿々と続いた、東映が誇る劇場アニメ公開プログラム《東映まんが祭り》史上に燦然と輝く名物企画【vs】シリーズ事実上の、最終企画作品でもありました。
ですが、その後に東映動画社内でもう一本企画されていた【vs】作品企画がありました・・それが《SF西遊記スタージンガーvs惑星ロボダンガードA》だったのです。
その気になるストーリーですが、オーロラ姫が敵にさらわれ、その捜索中に、惑星プロメテで偶然に出くわした、おなじみジャスダムクルー(太陽系の軌道を外れ、回遊中の元10番惑星プロメテ観測に訪れていた)を、敵と間違えたスタージンガーの三人が、タクマ達と一戦まみえる中、プロメテに不時着放置されていた、ドップラーの母艦プラネスター残骸の中に残っていた未完成のメカサタンに、スペースモンスターが宿り、同化して・・最後は誤解が解け、和解したアストロ大変身の巨大化クーゴ(もしこの作品が実現していたら、これがクーゴ巨大化のお披露目となる筈だった模様です)と、サテライザーから変形したダンガードAが力を合わせて、巨大スペースメカニックモンスターを倒すといった、言わば松本零士版《マジンガーZvsデビルマン》と言ったところでしょうか。
この企画は紆余曲折を経て、企画その物はオリジナルキャラクター声優によるアフレコボイスを使用した、ライブによるマスクプレイ劇として形を変え、上演されています。


松本先生曰く・・・
「「光速エスパー」では、生身の少年が着用する万能強化服をテーマにしましましたが、スタージンガーでは強さという点で、更にもう一歩踏み込んで、予め戦闘用に強化された人間(サイボーグ)が、パワードスーツ(強化服)装着するというコンセプトで、武器無しでも、異星のモンスターや、敵のロボット、サイボーグ、機械人間などと宇宙で互角に渡り合うことの出来る、人類のボディーガード的ヒーロー設定を考えてみました」
<「前番組のダンガードAが、それまでの同時間帯ロボット物作品に比べ、対象年齢を上げていたその反動からか、スタージンガーでは私の設定とは別で、対象年齢を下げすぎたきらいがあり、今後私の作品でキャラクターを登場させる時には、本来の設定に戻して活躍させたいと思っています」 とのこと。
スポンサーサイト
| 未分類 | 04:15 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://zerogoods.blog24.fc2.com/tb.php/36-e6fcfe8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

PLANETS KAISER

Author:PLANETS KAISER
ZERO Goods universe
〒419-0107
静岡県田方郡函南町平井1264-4
055-979-6648
http://www.zerogoodsuniverse.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。