松本零士関連企画・キャラクターグッズ販売でおなじみのZERO Goods universeがお送りする新商品情報&日常のドタバタ日記

ZERO Goods universe

《 零士 FUTURE 2010》直前情報!》 | main | 《零士 FUTURE 2010》開催決定!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
《零士 FUTURE 2010》 続報
future2010image.jpg

祝!秋の叙勲《旭日小綬章》受章!零Goods universe presents

《零士 FUTURE 2010》開催概要 

開催日:2010年12月18日(土曜日)

開催場所:TOKYO CULTURE CULTURE
(東京都 江東区 青海一丁目 パレットタウン Zepp Tokyo 2F)

《零士 FUTURE 2010 第一部. 第二部.》
※チケット:全席座席指定/96枚限定 全席共通前売り券 \4,500- 当日券 \5,000- 
【イープラスにて販売】
※チケットの購入方法はPC、携帯共に画面を見ながらの簡単作業となります。
※イープラスで御予約の上、セブンイレブンまたはファミリーマートにて支払い受け取りの場合《手数料無料》(なお、手数料は発生しますが、他のコンビニや、チケット配送など様々な受け取りが可能ですので、ご利用の際は【イープラス】までご確認下さい)

○第一部 『松本零士サイン会、当日限定商品含む企業物販、関連企業による各種プロモーションと展示催し』
Open PM 13:30[サイン会 Start PM 14 : 00予定]End PM 16:00予定

※予め抽選により(当日オープン前の会場入り口にて、掲示発表させて頂きます)お手持ちのチケット番号からランダムに選ばせて頂いた《30名》のお客様につきましては、イラスト入りサインをさせて頂きます(サイン色紙、サインペンは主催者側でご用意致します)
※会場指定商品購入のお客様全員に、松本零士が商品に直接サインを入れる特典付

《零士 FUTURE 2010 第一部入場限定.当日券》
※企業物販参加/プロモ見学限定.当日入場チケット:当日30枚限定 \1000-

【12月18日正午より、会場入り口にて販売】
※チケット購入希望のお客様は、会場入り口の現場係員の指示に従う様お願い致します。
※会場指定商品購入のお客様全員に、松本零士が商品に直接サインを入れる特典付
○第二部 『松本零士×ゲストによるトークショウ』
Open PM17:30 Start PM18:00 End PM20:30予定

※トークショウ当日参加予定ゲスト(11月1日現在)
:松本零士、麻上洋子、高見義雄、勝間田具治、板橋克己、伊藤秀明、他、シークレットゲスト予定
【テーマ】
『大人のオタクによる、零士激動の作家生活56年!サブカル裏トーク3』
※協賛企業各社によるプレゼント抽選会あり

※一部二部共にDJsyntaxのライブによるサウンドプロデュース
※開催会場の《TOKYO CULTURE CULTURE》では、場内にて上記イベント第一部、第二部開催時間中、通しチケットでご入場されている全てのお客様が、別途料金にて場内メニューよりフード、ドリンク等を自由オーダ出来るシステムとなっておりますが、当日はさらに《零士 FUTURE 2010》数量限定のスペシャル裏メニューが用意されます(松本零士にちなんだ、オマケ付き特別メニューですので、お楽しみ下さい)


※物販及びプロモーション参加予定企業(11月1日現在)
東映アニメーション、SEAHOPE、ヘッドライトファクトリー、まんだらけ
アニメワールドスター、mgx.factory、deux-plus、月刊アーマーモデリング、
グライドメディア、GIL-D、小学館クリエイティブ、ZERO Goods universe
(敬称省略/順不同)




企画、主催、プロデュース:零Goods universe
http://www.zerogoodsuniverse.com/

イベント問い合わせ:TOKYO CULTURE CULTURE
tcc@list.nifty.co.jp

チケット購入問い合わせ:イープラス
http://eplus.jp/sys/main.jsp










 グライドメディア刊『松本零士監修:宇宙戦艦ヤマト大クロニクル』ですが、出版社より発売延期のインフォメーションが出て以来というもの、熱心なファンの皆様中心に様々な憶測が駆け巡っている様です(弊社が出版責任企業でない以上、延期要因についての詳細は残念ながら立場上ご説明出来ませんが..)結論から申し上げますと、発売中止などとは無縁な要因なので、どうかファンの皆様そこはご安心下さい。現在最新の出版社情報によりますと、どうやら《SPACE BATTLESHIP ヤマト》の封切り日前後の発売日程に落ち着きそうです。延期で遅れた分、むしろ当初より内容的には濃くなっている物と..実際に編集に関わっている当事者と致しましては、自負しております。
 《SPACE BATTLESHIP ヤマト》需要という事ではないのでしょうが、上記グライドメディア刊『宇宙戦艦ヤマト大クロニクル』の他に、松本先生関連での『宇宙戦艦ヤマト』出版物が相次いで発刊されます。小学館からは小学館GOTTAコミックス』廃刊後、長らく待たれていた『新宇宙戦艦ヤマト』の、新装丁版コミックス全2巻が『少年サンデーコミックス・スペシャル』として発刊され、小学館クリエィティブからは『電光オズマ』を核とする全3巻をセットBOXにした『松本零士初期SF漫画集(仮)』が発刊されますが、このセットにかつて昭和49年9月から50年2月にかけて、学年雑誌『小学5年生』誌上にて全6回に渡り連載されていた『宇宙戦艦ヤマト絵物語』が収録されます(特別付録として、豊田有恒、安彦良和両氏の関連インタビューが収録される予定との事)また、更に重版される予定の秋田書店『宇宙戦艦ヤマト』定番コミックスと併せ、この機会に是非、松本零士的《宇宙戦艦ヤマト Works》の過去・現在・未来・を、一挙に書物にて読破研究されては如何でしょうか?
 7日午後5時過ぎに西崎さん悲報の一報が入る。松本先生、東映、バンダイ、小学館、産経、東北新社、東宝関係者と相次いで相互に確認電話の状態が続く..19時を境にたちまち私の携帯留守電が一杯になり、途中から聞かずに放置状態に...今から思えば私が西崎さんと最後に直接会話をしたのは、かれこれ去年の6月か7月位の事だったと思います(内容は松本先生案件でした)また東北新社ライツを通し、最後に関連商品閲覧をしたのが、弊社の《松本零士監修:森雪ドール》であった模様です。私事ではありますが、西崎さんとの出来事は数知れず、その一つ一つが今となっては走馬灯の様に思い起こされます。只只故人のご冥福をお祈りするばかりです。
 《零士 FUTURE 2010》の前売りが既に開始されていますが、現時点でイープラス取り扱いの該当チケットが《SOLD OUT!!》との事です。ですが、お一人で何枚もチケットを押さえている状況で、現在なお代金決済されてないお客様が複数おられる様なので、期日までに代金決済無き場合は、自動でチケットが《一般発売・予定枚数終了》から、まとめて《一般発売・受付期間中》に戻りますから、残念ながらご購入出来なかったファンの方はまだまだ諦めずに、暫く様子を見て頂く事をお薦め致します。また、《第1部サイン会入場券》は当日販売であるために、当日指定時間までに会場にお越しいただければ、チケットをご購入の上、ご入場出来るチャンスもございますから、是非そちらの方もご検討下さい。5周年の今年も楽しいイベントにしたいと思います、宜しくお願い致します。


                                      
 
 
スポンサーサイト
| 未分類 | 06:54 | トラックバック:0コメント:3
コメント
零士FUTURE2010について
イベントに行きましたが、同じ3人の人が各4枚ずつサインをもらっていました。ただでさえ、チケットが手に入りにくい中、純粋に先生のファンにとっては、チケットの大人買いは、恥ずかしい行為だと感じてしまいます。スクリーンから先生も違和感を感じている表情が伺えました。地方や海外からも来られている人が見当たったので、ヤフーバイヤーや自己中なオタク防止のため、1人3枚までにシステム制御してくださるとありがたいです。チケット発売元にご相談すれば、枚数制限は出来るかと思いますが、いかがでしょうか。また、チケット買い占めにより当選された自己中なオタクたちのサインで待たされるファンとしては、非常に苦痛です。第2部で人が急に少なくなるのは、サイン目的のファンが多く、トークショーもファンとの交流がなく、一方的に主催者だけが満足している空間になっているからだと思っております。
2011.01.05 Wed 00:12 | URL | 松本零士先生のファン
Re: 零士FUTURE2010について
> イベントに行きましたが、同じ3人の人が各4枚ずつサインをもらっていました。ただでさえ、チケットが手に入りにくい中、純粋に先生のファンにとっては、チケットの大人買いは、恥ずかしい行為だと感じてしまいます。スクリーンから先生も違和感を感じている表情が伺えました。地方や海外からも来られている人が見当たったので、ヤフーバイヤーや自己中なオタク防止のため、1人3枚までにシステム制御してくださるとありがたいです。チケット発売元にご相談すれば、枚数制限は出来るかと思いますが、いかがでしょうか。また、チケット買い占めにより当選された自己中なオタクたちのサインで待たされるファンとしては、非常に苦痛です。第2部で人が急に少なくなるのは、サイン目的のファンが多く、トークショーもファンとの交流がなく、一方的に主催者だけが満足している空間になっているからだと思っております。


弊社主催のイベントにおいで頂き誠に有り難うございました。
この度のコメントを拝読させて頂き、弊社一同ファンの方々のご心中察するに余りある物と感じております。
当該イベントチケット販売の方式につきましては、お台場に開催場所を移してからここ数年来、弊社内でも度々問題に挙っていた懸念であり、改善しなければならない課題でもありました。

松本先生のスケジュールをマネージメントさせて頂いている弊社と致しましても、松本先生共々、その年1年を通して関連コンテンツにてお世話になっている関連企業、関係者様の謝恩の意味もございますが、日頃より常に応援して頂いている純粋な松本先生のファンの方々が、一番居心地の良い空気を満喫して頂ける空間を提供させて頂く事こそが、当該イベント運営上においての《最重要な課題だと》考えております。

そこで、今回《eプラス》にチケット販売委託をされている会場運営側である、《東京カルチャーカルチャー/(株)ニフティー》ともお話をさせて頂き、次回よりお1人様1チケット購入予約につきまして、自動的に予約購入枚数を1枚制限とさせて頂く事となりました。次回より当該イベントチケット購入希望のお客様におかれましては、大変ご面倒でも1アクセスにつき、1枚しかチケットがご予約出来ないシステムとなりましたので、またこの件で本年度イベント開催時期に弊社より改めて公式にインフォメーションさせて頂く事となるかと思いますが、何卒ご理解頂きたく存じます。

また、二部トークショーにつきましての空席改善案でございますが、この件もイベント会場側とお話しさせて頂き、一部サイン会見学限定の当日券でご入場され、なおかつ当日ご購入された企業指定のサイン入り商品をご持参のお客様に限り、主催側から決められた指定時刻までに会場入り口にお集り頂ければ、空席分ご入場頂けるという仕組みの救済措置を採らせて頂く事となりました(消防法の関係で、場内全指定席数を上回るお客様のご入場は出来ません。そこは制限させて頂く事となりますので、何卒ご理解下さいませ)またこちらの開催上の要項改正につきましても、本年度イベント開催時期に弊社より改めて公式にインフォメーションさせて頂く事となるかと思いますが、何卒ご理解頂きたく存じます。

お客様のこのご意見は今後のイベント運営上の参考とさせて頂きます。今後ともこの《零士FUTURE》にご参加頂ければ幸いでございます。この度は大変貴重なコメント有り難うございました。
2011.01.06 Thu 02:58 | URL | PLANETS KAISER
こちらこそ、ありがとうございます。それと、販売時刻丁度にアクセスしようとしてもサーバがパンクしてチケット購入が出来ない状況がありますので、次回はパソコンからの操作でスムーズに購入できますように、サーバ管理もお願いしたいです。
2011.01.10 Mon 02:21 | URL | 松本零士先生のファン
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://zerogoods.blog24.fc2.com/tb.php/64-4dff904e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

PLANETS KAISER

Author:PLANETS KAISER
ZERO Goods universe
〒419-0107
静岡県田方郡函南町平井1264-4
055-979-6648
http://www.zerogoodsuniverse.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。